新着情報

ハウスメーカーと工務店の違い

家を建てる際、迷うのが注文先です。

「ハウスメーカー」か「工務店」、どちらが良いのか?という点です。

端的に言うと、「ハウスメーカー」はレディーメイド(既製品)。

決まっている中から選びたい、営業マンのおすすめに従いたい方向けです。

「工務店」はオーダーメイド。

新築一軒家をこだわり抜きたい、ひとつひとつ決めたい方が好みます。

この記事では、違いを説明していきます。

「ハウスメーカー」と「工務店」の特徴を掴み、どちらが合っているか確認しましょう。

 

違い①規模

rundihaus-4441381_640

「ハウスメーカー」:全国

「工務店」:地域

 

「ハウスメーカー」は全国に展開している企業です。

日本各地に支社・支店を置いています。

モデルハウスを設置している、大手会社ですね。

定期点検や保障などのルール定められており、安心感があります。

一方、「工務店」は小規模な会社が多いです。

対応エリアは市内・県内、広くても隣の県など、範囲が決まっています。

その分、地域に密着できるという利点があります。

アフターメンテナンスは業者によって異なりますが、すぐに駆けつけてくれるサービスが含まれています。

対応力は抜群です。

 

違い②プラン

architecture-1477100_640

「ハウスメーカー」:選択

「工務店」:柔軟

 

「ハウスメーカー」のプランは、どちらかといえば定型化しています。

あなたの条件を取り入れる「自由設計型」もありますが、

パターンから選ぶ「企画型」が主流です。

オプションを付けると、比較的高くなってしまいます。

標準仕様が決まっているため、個性は出しにくいと言えるでしょう。

「工務店」は、間取りやデザインなどを細かく設定可能です。

熟練の大工や職人さんがいるので、施主の希望に合わせられます。

自由度が高いのです。

 

違い③費用

house-167734_640

「ハウスメーカー」:高価格

「工務店」:低価格

 

どちらを選んでも、設計費・材料費・施工費、お金がかかります。

理想の家や設備によるので一概には言えませんが、「工務店」のほうが安く済みます。

「ハウスメーカー」は全国で社員を抱えています。

施工は下請けを通すのがほとんど。

つまり、売上を確保するために、ある程度高くなってしまうのです。

「工務店」はリーズナブルになります。

理由はコスト削減。

下請け業者を通さず、広告費もあまり高くありません。

オリジナル資材の研究なども行いません。

その分、価格を抑えられるのです。

 

まとめ

「ハウスメーカー」と「工務店」の特徴をまとめました。

主な違いは以下の3点です。

 

違い①規模

違い②プラン

違い③費用

 

それぞれメリット・デメリットがあります。

ご自身に向いているのはどちらでしょうか。

満足出来るマイホームのため、「ハウスメーカー」と「工務店」両方から話を聞いてみましょう。

家を”建てた人”に、家の相談

ハウスメーカー・工務店などの営業マンではなく、
実際に家を建てた人に家の相談してみよう!

ハウスアドバイザー希望の方はこちら