新着情報

なかなか聞けないお金のこと

新築一軒家に関する費用、おおかまに知りたいですよね。

家を建てるには、土地・物件分の料金だけでなく、様々な支払いが発生します。

今回は、なかなか聞けないお金のことをまとめました。

夢のマイホームを叶えるため、諸費用の内訳をチェックしましょう。

 

「申込証拠金」

purchase-3113198_640

「申込証拠金」は申込時に支払うお金です。

「購入したいです!」という意思表示のため、不動産会社などに渡します。

3万円〜10万円程度です。

キャンセル時には返金される場合がほとんどです。

念の為、領収書に「契約が成立しない場合は返還する」旨を記載してもらいましょう。

 

「手付金」

「手付金」は売買契約に必要な費用です。

3種類(「証約手付」・「違約手付」・「解約手付」)あり、不動産契約では「解約手付」です。

購入代金の5%〜10%が一般的。

例え契約を破棄しても、返金されません。

 

「印紙税」

「印紙税」を支払った証明をしなければいけません。

いわゆる収入印紙ですね。

「不動産売買契約書」や「建築工事請負契約」・「金銭消費貸借契約(ローン契約)」にも貼付する必要があります。

契約書の記載金額によって、印紙税も変動します。

 

「残金」

「残金」で、引き渡し前に残っている分を支払います

「残金決済」とも言います。

このとき、印鑑証明書や住民票など各種書類も提出するケースが多いです。

 

「登記費用」

house-409451_640

「登記費用」は不動産登録の代金。

国に支払わなければいけない費用と、司法書士への報酬も含めます。

報酬額は事務所が自由に決められるため、金額はバラバラです。

複数社に見積もりを作成してもらうほうがベターです。

 

「借入費用」

住宅ローンでは、「借入費用」として諸費用が必要です。

保証料は借入金額の2%前後です。

他にも事務手数料、火災保険料、地震保険料など。

金融機関によって異なります。

 

「仲介手数料」

不動産会社を利用した場合、「仲介手数料」が発生します。

宅建業法で、「物件価格の3.24%+6万4,800円」が上限と定められています。

割引や無料とする会社もあります。

信頼できるか、リーズナブルか、という点で仲介会社を見定めましょう。

 

「固定資産税」

keyboard-2980844_640

「固定資産税」は、国が決めた税率で算出します。

基本的には、「土地・建物 × 税率 – 軽減額」で計算した金額を納めます。

「都市計画税」も同様に支払います。

役所から届く納税通知書を使い、納税します。

 

まとめ

お家は大きなお買い物。

しかし、料金面は、あまり人に聞けないのではないでしょうか。

土地と建物だけではなく、諸費用が必要なんです。

「申込証拠金」や「手付金」・「登記費用」などは、初めて聞く単語かもしれませんね。

あらかじめ基礎知識を押さえておけば、請求されてから驚くこともありません。

しっかりとお金を準備し、マイホーム計画を進めていきましょう。

家を”建てた人”に、家の相談

ハウスメーカー・工務店などの営業マンではなく、
実際に家を建てた人に家の相談してみよう!

ハウスアドバイザー希望の方はこちら